​塗装により素材を保護

外壁や屋根の塗装は美観や防水のためにするというだけではありません。
他の効果として塗装することにより、素材を保護し退化防止にもなります。
一般的な木造住宅の外壁はモルタルやサイディングボードなどの種類がありますが、
どれを取っても退化しないものはありません。
太陽光、雨や雪、寒暖差などの原因で劣化、退化が進んでしまいます。
それ保護して塗膜を施すことで、退化防止を図ることも塗装の目的です。

 

​素材によって保護方法を検討

もちろん、ただ塗装をすれば延命になるわけではありません。
モルタルなのか窯業ボードなのか、日照時間は長いか短いか、
湿度が高いか乾燥しているかというように、外壁の素材やお客様のお家の立地条件などによって塗装前の下地処理が異なるため、熟慮が必要です。

 

​​塗り替える時期の目安

一般的に1回目の塗装は、8年~10年経った頃の対応が理想的とされています。
サイディングボードなどの外壁の場合は、ジョイント部分のシーリングの劣化レベルも考慮したいものです。
気づかずに適切なメンテナンス時期を過ぎてしまうと、延命を図れず交換になってしまう例もあります。
素材の延命を図るために、何も問題が起きていなくても、8~10年ほどで無料診断を受けることをお勧めいたします。

 

0248-94-6911

©2019 by トーシンリフォーム. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now